続続続続続・バイクチェーン自動給油装置

バイク
20150823-1.jpg
 さて、KSR110PROへの設置はこんな感じで…
20150823-2.jpg
 ホースをこんな感じで這わせて…
20150823-3.jpg
 リアスプロケットに、こんな感じで給油させております。スプロケの歯を見て貰えれば分かる通り、中々いい感じで運用されていて、タイヤにはほぼ飛び散らずにチェーンはしっとりしてる感じにできました。
20150823-4.jpg
 問題は、ニンジャ650の方、KSR110PROと同じように設置したところ、何故かオイルが全然吸い出されない!?試行錯誤の結果、電磁弁のIN側に直接ボトルを付けるか、電磁弁より上側にボトルを設置しないとオイルが動かないことが分かったので、何とかかんとかどうにかこうにかで、上の写真のようになりました。
20150823-5.jpg
 で、ホースをこんな感じで這わせて…20150823-6.jpg
 ホームセンターの配管売り場で見つけたヤツを使ってホースを固定…
20150823-7.jpg
 こんな感じでリアスプロケットに配置しました。
 とりあえず、オイルの供給はOKなのだけども、ちょっぴりタイヤへの飛び散りが多いかなという感じなので、供給位置の調整とオイル自体の調整などをして、もう少し確認していかないといけないかなという感じ。
 ちなみに、金額的には、間欠タイマー2000円ぐらい、電磁弁2000円ぐらい、その他ホースやら容器やらはホームセンターや100円ショップで調達で1000円もかかってないかな?という感じで、5000円ぐらいでできる感じ…なのだけども、めっちゃ試行錯誤して結構かかったなー、特にオイル漏れるのがしんどかった。
2015.08.23 Sunday 21:08 | comments (0) | -

続続続続・バイクチェーン自動給油装置

バイク
20150731-01.jpg
 あれからどーなったーというと、こんな感じになりました。
20150731-02.jpg
 ワンタッチ継手だと油漏れが出たので、ニップル継手に変更、KSRは上手く設置できたのだけど、ニンジャ650の方は上手いこと油が動いてくれないー、と、まだまだ試行錯誤は続きそう。
2015.07.31 Friday 21:04 | comments (0) | -

ヴェリシス650試乗

バイク
20150725-01.jpg
 顔がニンジャ顔になってかっこいい!けども、このジャンルのバイクに宿命的な、スクリーンがどうにもカッコ悪い?スクリーンの高さ調整は簡単にできていいんだけども。
20150725-02.jpg
 パニアケースが付けられるタンデムバーが標準で着いてるのはいい感じ、でもパニアケースのラインテープ(パニアケースストライプ )が5000円ちょっと?うーん。。。高い!
 足付きは、このタイプならでは(175cm、64kg、股下75cm)の、足先つんつん、信号待ちとかでの停車で苦労しそう。
20150725-03.jpg
 シートは柔らかい!アップハンドルとも兼ねあって乗車姿勢が凄く楽、かなりの長距離でも難無くこなせそう。またシート下は意外とスペースがあって(ETC装着済み)ものを薄くすれば結構な量が入りそうな感じ。
 走行してみた感じでは、今乗ってるニンジャ650のエンジンの味違い?でも、なんか振動が多いような?。
 ちなみに、ブライトの参考小売価格 939,600円、ハンドガード、シガーソケット、シフトポジションインジケーターに逆車ゆえの排ガス検査料金など考えると、カワサキが好きで好きでどうしようもない以外YAMAHAのMT-09トレーサー買った方がいいんじゃないかなあ。
※ブライトの2015年モデルは2色の取り扱いだったのに対し、2016年モデルは一色だけになってしまった。あんまり売れて無いんじゃ、、、と邪推してしまう
2015.07.25 Saturday 13:54 | comments (0) | -

続続続・バイクチェーン自動給油装置

バイク
20150722-01.jpg
 最終形態はこうなりました!左がオイルボトル、真ん中が間欠タイマー基盤と電磁弁、右がリアスプロケに伸ばすチューブとその先端(チューブは4mm径、先端は100円ショップの注射器の先っぽ)。
20150722-02.jpg
 とりあえずKSRPROで試験中、200秒に1秒出しで、タイヤはオイルに濡れることなく、チェーンは濡れているという感じでいけてます。と言っても、もうこれ以上調整代が無いので、長距離テストした時に上手く行かなかったらどうしたものかなー、また考えよう。
2015.07.22 Wednesday 19:34 | comments (0) | -

続続・バイクチェーン自動給油装置

バイク
20150716-01.jpg
 最終形態!ってことで、100円ショップで良さげなケースとボトルがあったので、基盤、電磁弁、チェーンソーオイル(30ml)をひとまとめにしてみました。
20150716-02.jpg
 搭載するとこんな感じ。
 で、色々走って試してみたんですけど、調整を容易にするために、配管の途中に継手を設けたりとか、配管の仕方が悪いのか、空気を噛んでしまって、振動でオイルがダバァする状態に…配管方法をもっとシンプルに、かつ短くしたものを作って、再度実験したいところであります。
20150716-03.jpg
 ちなみに、ネット通販とかで簡単に手に入る汎用部材で作れないかなーと、一つこさえてみました。
 ・間欠タイマー(完成基盤ONOFFを繰返し1〜200秒で調整)amazonで1940円
 ・電磁弁、電磁弁パイプ継手、耐油パイプ モノタロウで3796円
 ・容器、オイル用ボトル、注油先端 100円ショップで324円
 ・その他(配線、接続端子、配線被覆などはホムセンで500円ぐらい
 合計で6500円ぐらいかな?間欠タイマーが、1秒以下の設定ができないのが吉と出るか凶と出るか、またごそごそと試行錯誤したいところです。
2015.07.16 Thursday 20:01 | comments (0) | -

続・バイクチェーン自動給油装置

バイク
20150706-01.jpg
 先に届いたパーツを、使い易くなるかな〜と、100円ショップを物色して、基盤部分と電磁弁部分を分けて、防水できるようにとパッケージングしてみました。20150706-02.jpg
 基盤の調整部分には穴を空けておいて、簡単にアクセスできるように。設定が固まったらテープで塞いで、変更したくなったらテープをぺろっと剥がすようにと考えています。
20150706-03.jpg
 で、設置前にまずは清掃、結構ルブウンコ貯まってました…掃除する前の写真忘れたので分かりにくいけど。
20150706-05.jpg
 購入して4か月、7500km走行なので、チェーンはまだ綺麗ですなー。
 さて、動作実験は、動画で作ってみましたので、良かったら見て見て下さい。
 YouTube「油をポタポタ垂らす装置」
あとは配管をして、実際に走行してテストなのですが、しばらく雨が続きそうなので、やれるのは先になっちゃいそう。
2015.07.06 Monday 13:33 | comments (0) | -

KSRPROフェンダーレス化とメンテ

バイク
20150704-01.jpg
 KSRPROをフェンダーレス化してみました〜、と言っても、あんまりまともなフェンダーレス化キットが発売されていないため、純正のリアフェンダーをカットしての手作り感満載の施工ですが、、、しかし、某社のKSRPRO用のフェンダーレス化キットは15000円ぐらいするのに対し、これは、リフレクターとナンバー灯とホームセンターステーにボルトナットで3500円と非常にリーズナブルにできます。
20150704-02.jpg
 裏側はこんな感じ、ちなみに純正リアフェンダーは3880円で手に入るので、失敗してもそんなに痛くないかも?
 あと、一万キロ走行の節目に、色々メンテをしたりしました。
1.配線の加工(どんな風になってるかバラしたりまとめたり)
2.セルスターターの取り外し(漢はキックスタートじゃい!)
3.ブレーキパッドの交換(リアはそんなに減ってなかった)
4.ブレーキフルードオイルの交換
5.エンジンオイル、フィルター交換
6.外装バラし、エンジン降ろしての色々清掃
7.エアフィルターの洗浄とオイル染み込ませ
8.アクセル、クラッチワイヤーの洗浄注油
9.ブレーキ、クラッチレバー取り外し洗浄、グリスアップ
10.灯火類の交換
 ってな感じ。
 あとバイクショップの整備士さんに聞いたところ、ステム部分のベアリングとフロントフォークのオイル交換も、悪ければやってもいいかもって話だったけど、今のトコ特に悪く感じないかなー?整備士さんも激しく使って無ければどっちでもって感じだったし。これらは、勉強してできたら二万キロでやってみるか、お店にお願いするかしようかなー。
2015.07.04 Saturday 22:34 | comments (0) | -

本当のバイクチェーン自動給油装置

バイク
 夢のバイクチェーン自動給油装置が我が手に!
 バイク乗りにとってチェーンメンテナンスは一つの悩みの種(私は無知な時に、スーパーカブ50に1回も注油せず1万キロ乗って、走行中にチェーン外れたことあり、それから神経質になりました)、清掃と注油は手間だし、何よりチェーンルブは添加剤により清掃が大変、チェーンクリーナー沢山使うわ、それでもチェーン内側の汚れは中々落ちないわ、スプロケットカバーには、ホコリや砂が混じった、通称ルブウンコがこんもりしてたりするわけです。
 そんなこんなで、少し前にはチェーンルブでなく、チェーンオイル(チェーンソーオイルとかAZロングライフとか)で、超簡易重力式自動チェーン注油装置なるものを試行錯誤したものですが、スプロケットまで油を導くまでは良かったものの、所詮振動頼り、あまり安定せずに、ニンジャ650ではタイヤへの油飛散が多く、危険なため渋々チェーンルブを挿す毎日を送っておりました。
※KSRPROは上手く行ってたのですが、チェーン外して洗った方が楽ということで取り外しました。
 そんな折、「ふ」というお方が電子制御でチェーン自動給油装置を作成されたとのことで飛びついてみました。
20150703-01.jpg
こちらで購入できます。
 この手の電子制御の製品は、スコットオイラーというのがヨーロッパで売ってたりするのですが、色々込み込みで円安の今は3万円ぐらいします。しかし、これは6千円ちょい、安い!!
※スコットオイラー電子版は、ハンドル部分に液晶操作パネルを取り付けられるため、リアルタイムで調整できるため、金額としては納得なものでもあります。あと、日本の代理店が今は無いので、購入が結構めんどくさそう。
20150703-02.jpg
 構成は、上が吐出時間を制御する部分で、青い部分の十字を調整し、吐出間隔を0〜180秒に設定できるようです(吐出時間は0.6秒)。キーオンから電源を取れば、バイク使用中のみ稼働させることができます。
 下の電磁弁は、水平方向のバルブから油を入れ、垂直方向のバルブから先述の間隔でオイルが吐出される仕組みになっています。
20150703-03.jpg
 というわけで、KSRPROから引っこ抜いてきたバッテリーを使用して、動作確認。
20150703-04.jpg
 通電すると、最初の一回の吐出と、電源オンの赤いLEDランプが点灯します。
20150703-05.jpg
 弁が開くと青色LEDが発行します。20150703-06.jpg
 実際に油を入れたボトルを接続してテスト、ボトルにはハンマーオイルと書かれていますが、中身はチェーンソーオイルです。チェーンソーオイルは、容器が大きいのしかないんですよね、、、ハンマーオイルぐらいの大きさが手頃なので、これをチョイスしています(中身は別件で使用)。
 ちなみに、チューブは金魚用ものを使用しています。厳密に言えば耐油性のものがいいんでしょうけど、それはまた考えようw
20150703-07.jpg
 電源投入後、青色LEDが発行する度にじわじわとオイルが管の中を進んでいきます。その間オイルの入った容器を垂直にしたりと角度を変えてみると、液体の進む量が変化(当然垂直の場合の方が多い)ので、設置方法と配管の仕方によって、吐出量が変化するかもしれません。
 管の先から2、3滴出たのを確認した後、電磁弁を持ち上げて電磁弁の吐出口から管の吐出口の中に残った液体は保持されましたので、バイク使用後に弁を閉じる動作とかは必要ないかも?
※管の長さや設置状況によって変わるかもしれないので、要検証。失敗すると、昔の私みたいに駐輪場に油貯まりを作ってしまうのでやばい。
 とりあえず、希望道理の動作ができて大満足!いぇーい!!
20150703-08.jpg
 ちなみに、スプロケットまでの配管は、これまでの試行錯誤を積み重ねたのを作成済みw。スプロケット片側にオイルを届かせても、毛細血管現象(?)で反対側にもオイルが届くみたいですが、ここはやはり、両側から攻めてみましょう 。
 さて実装と行きたいところですが、ちょっと雨が続きそうなので、装着はしばらく先かな〜(ニンジャ650に装着予定)、それまではボトル位置、基盤位置、電磁弁位置、配管方法などを模索したいところです。
2015.07.03 Friday 12:24 | comments (0) | -

思えば遠くに〜

バイク
20150701.jpg
 KSR110PROの走行距離が、1万キロ突破しました〜、去年の8月後半に買ったので、1ヶ月で千キロペースですかのう。これを機に、ちょっとメンテしてあげようかなと。
2015.07.01 Wednesday 13:19 | comments (0) | -

YZF-R3試乗

バイク
20150523.jpg
 お世話になってるバイクショップで、YAMAHA YZF-R3の試乗をしてきました〜…うーん?YZF-R25とそんな変わらないような??カタログスペック上だと、馬力が6上ってところだけど…うーん?
 R3だと車検が必要になるので、私の場合は敢えて選ぶことはないかなー、と言っても、250ccだからと言って、一年とかでそれなりの項目をショップで点検(有料)して貰うので、あんま金額的に大きな差は出ませんが。
 しっかし、このクラスのは軽くて楽だなー、Ninja650と全然違う、クラッチも軽くて楽だし、でもNinja650のパワフルさも良いので、単純に250ccに乗り換えるのもまたなんとも悩ましいところ。
2015.05.23 Saturday 19:25 | comments (2) | -
1/16 >>